ブログトップ

SM千夜一夜物語

kikuom.exblog.jp

変態雄犬キクオの妄想日記です。

第39話 たつみひろし『妖女たちの乱舞』

e0266443_17321937.jpg

e0266443_17324833.jpg

e0266443_1733290.jpg

e0266443_17331838.jpg

e0266443_17333849.jpg

e0266443_17323168.jpg



たつみひろし氏の単行本としては初めての作品集です。三和出版、平成元年(1989年)8月15日発行、サンワコミックスNo.17(副題:たつみひろし劇画選集)。冒頭カラー頁4枚入りです。 

【収録作品】 豪華カラー口絵、「お顔の上で…ごめんあそばせ」「ぺディキュアクラブ-原宿支部」「隷虫志願(飼われる男)」「悪女のM玩具」「プレイ・オン・ブルーディ」「被虐の輪廻(Mトリップ)」「マゾ病棟」「1000年女王(マゾファンタジー)」 

紙面の頁から溢れ出る程の巨体の女性に比べ、小人のような貧弱な男が奴隷の誓いをさせられて、縛られ、鞭打たれ、巨大な尻による顔面騎乗や巨女ダンスの脚の下で顔面を潰され、人間便器にされたりもします。しかし、責められれば責められる程、男の性器が膨張し、樹液を放出し続けます。情け容赦なく残酷に嬲り続ける巨女の明るい笑い声と、小さく潰された男の幸福に満ちた陶酔の表情が不思議な余韻を残す、妄想ファンタジーです。

尚、「SMコレクター」「SMクラブ」「スレイブ通信」「L&M」など、マニアックなSM雑誌で活躍されていたマゾ・コミック作家、たつみひろしさんは、2年前にお亡くなりになられたらしい。まだ50代だったらしく、東北在住ということから、東日本大震災と関係があるかもしれないとも言われています。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]
by M-kikuo | 2013-04-06 17:34 | M男の本棚 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kikuom.exblog.jp/tb/20097904
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。