ブログトップ

SM千夜一夜物語

kikuom.exblog.jp

変態雄犬キクオの妄想日記です。

第63夜 【野外調教について】



e0266443_17534253.jpg



公道で、首輪だけの全裸四つん這いで散歩させられるようなことはないと思います。
普通は、主が警察に通報されて逮捕されるからです。
たとえ服を着ていても、四つん這いの格好や首輪を着けられて、そのリードを引っ張られている時には、
それを知人や家族に見られたら困ります。
全頭マスクを着けていれば、誰だかわからないから、としても、
…巡査に会ったら放ってはおかないでしょうね。
つまりは、人がたくさんいるような場所で行うと、公序良俗に反する行為として最悪通報されて逮捕されるということです。
あくまでも社会的常識の範囲内で、全く人のいない場所などを探して行いましょう。
つまり、絶対に誰にも見られない場所で行い、それを知っているのは主だけ、というのが野外調教です。
誰も見ていなくても、誰かに見られているのではないか、或いは、知られたら困るという不安感があり、
それだけでも大きな刺激となるはずです。
それはチョーカー一つでも良いのです。
それが主から与えられ、首輪の代わりだと言われれば、街中や電車の中で主の名札の付いた首輪をしているだけで、
恥ずかしいけれども誇り高い気持ちになるからです。
一般に野外調教に適している場所と言えば、公園、温泉、海、ベランダ、ビルの屋上、広い駐車場などです。
ある程度、落ち着いてプレイでき、周囲に迷惑を掛けない場所を普段から探しておくと良いと思います。、

【例1】
散歩するときには、ゆったりとしたトレンチコートを着させられます。中の上下はポロシャツにスラックスです。アンダーウェアは上だけで、胸の部分には2つの穴が開いていて、それだけなら、乳首は丸見えです。ポロシャツには穴は開いてませんが、内側にローターを入れる袋が2つ縫い付けてあり、コードレスのローターを入れてそれを着ると、ちょうど乳首の上にローターが当たるようになっています。ローターのスイッチはもちろん女主のポケットの中にあります。下のスラックスは特別に加工されていて、股の部分が前後とも丸く繰り抜かれています。後ろの方が大きく繰り抜かれていて、尻が丸見えです。しかし、ベルトをきちんと締めて、コートを羽織れば、外側からは何も分かりません。しかし、コートにも仕掛けがあり、左右の手を入れるポケットの底の部分はありません。ですから、女主がそこから手を入れて、コックを握っても、誰にも見られることはありません。私の両手は各々左右のポケットに入れ、中のベルトを掴んでいるように命令されています。さらに、予め手首に装着された枷とベルトに付けられたリングを繋がれてしまうと、自分では何もできなくなります。それが基本形です。それを着せられて、散歩させられると、股がスースーしてとても恥ずかしいのです。さらに、乳首を刺激するローターのスイッチを入れられると、とても感じてしまいます。懲罰としての応用は、コックにローターをコンドームを使って装着され、睾丸の根元をヘアゴムで縛られて錘を吊るされ、アナルにプラグが装着されての歩行です。それぞれは外れて落ちても大丈夫なように、みな紐が付いていて、ベルトに結ばれています。その格好で歩行することの恥ずかしさと困難さはご想像にお任せします。

【例2】
上と同様にトレンチコートを着させられますが、下の服は、胸から下がありません。下着もシャツもベストも、全て、胸から下が裁断されてしまっているからです。そして、スラックスも膝の上までしかなく、、女性のガーターを付けられて、それで吊っているだけです。そして、山の上の公園の高台に連れて行かれ、人がいない側に向かって、コートを広げさせられるのです。誰も見てないとはいえ、胸から膝まで、ガーター以外、何も身に着けていない裸を晒すことになります。早朝、遠くを走る電車が見える高台でそれを行わさせられる時には、もしかしたら、電車の乗客の中には、とても目の良い人がいて、気づいて見られているかもしれません。

【例3】
浣腸好きの方なら、広い駐車場のあるレストランへ行き、その駐車場の車内で、予めイチジク浣腸などを施され、アナルバルーンで漏れないようにしてもらいます。さもなければ、オムツをあててもらいましょう。我慢できなくなって、いつ漏れ出すか分かりませんから。それから、レストランに入り、限界まで我慢します。レストランは予めよく調べておきましょう。男性用の大と小の両方あるファミレスなどが良いと思います。他の方の邪魔にならないようにすることと、使いたい時に別の方が使用している場合もありますから。「きちんときれいに始末をしたら、ついでにプラグも挿入してくるように」、と女主から命令されるかもしれませんね。
[PR]
by M-kikuo | 2014-03-20 17:54 | 責めと調教 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kikuom.exblog.jp/tb/21804509
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2014-03-20 21:34 x
今回もとても素敵な物語ですね。
Kikuoさんの物語は何時も文章を読んでいるだけなのに、その風景を想像し、感じ取る事が出来ますね。
また次回の物語も楽しみにしてますよ。
Commented by M-kikuo at 2014-03-20 21:59
お褒めいただき、有難うございます。
物語というほどのものではありません。
ただの妄想です(笑)。