ブログトップ

SM千夜一夜物語

kikuom.exblog.jp

変態雄犬キクオの妄想日記です。

第108夜 【「SM専門用語」について】 

【あ行】

●麻縄 あさなわ。緊縛には最も適した縄ですが、手入れが難しく、肌に縄痕が残りやすいのが難点です。使用する場合、夏でも長袖のシャツを持参させましょう。

●アナルパール(アナルビーズ)  数珠アナルとも言い、パールが連結した物をアナルに挿入する道具です。紐で繋げたものから元々真っ直ぐに素材で繋がっている物まであります。素材はシリコンから金属まで様々で、一粒ずつ入れたり出したりして楽しみます。

●アナルバイブ  アナル調教に使用されるアナル専用の細身のバイブです。 拡張よりも、アナル性感を引き出すのが目的です。

●アナルバルーン  アナル拡張に用いられる頑丈なゴム風船で、伸縮性があり、指やバイブで拡張するよりも内壁を傷付けることなく、安全に拡張を行うことが出来ます。

●アナルプラグ  アナル性感により常に調教されていることを認識させ、屈辱感を与えるのが主な目的である。少しずつ太くしていくことで拡張調教にも使えます。浣腸などを我慢させる時に使う場合は、上からT字帯を装着するか、或いは、先端が開く式の物ぐらいでなければ飛び出してしまうので要注意です。

●編み鞭 あみむち。サーカスの猛獣使いが使用するような長くてクネクネしたタイプの一本鞭です。 振り方が難しいので、慣れないと狙ったところに当たらず、また狭いスペースでは使えないので、上級者用と言えます。

●アルファイン  六本木・麻布十番にあるSM専用ホテル。料金は高めですが全室SMルームになっています。

●アングルワイダー(開口具)  口を開いたままの顔面変形を好むサディストが好んで用います。これを付けられると顔が醜く歪み、涎が止まらなくなります。

●逝く いく。男女とも、絶頂の満足感を意味します。

●イチジク浣腸 市販の便秘治療薬。中に入っているのは50%グリセリン溶液。調教前の準備としてアナルの中をきれいにしておくのに最適です。尚、イチジクは会社名で、他にも、ケンエー浣腸、コトブキ浣腸、ミカサ浣腸、アイデアル浣腸、オリール浣腸、アルマ浣腸、ビワ湖浣腸等が有りますが、成分や効力、使用方法などはほとんど変わりません。

●イラマチオ  強制的なフェラチオ(口腔愛撫)を意味します。

●飲精  いんせい。精液を飲み込む行為です。

●飲尿  いんにょう。口の中に排尿して飲ませるプレイです。健康な人の膀胱内では尿は無菌状態であるので害はありませんが、時間が経つとアンモニア臭がして、さらに肌に触れたままにするとかぶれたりするので要注意です。

●宇宙チェア 奴隷を大の字に拘束し自由を奪う椅子・SMチェアー。

●エゴマゾ 自分のやりたいこと以外は受けつけない我が儘なMのことです。

●NGプレイ  無理なプレイ。体調により不可能なプレイ。 予め話し合って決めておき、Sはこれをしないのがルールです。

●エネマシリンジ  ゴムチューブ式の浣腸器の一種で、チューブの中間にある膨らみを手で握り潰すことによって浣腸液を注入するタイプです。普通の浣腸器とは違い、お湯又は薬品を何度も出し入れを繰り返さないで行える浣腸器です。

●黄金 おうごん。大便のことです。 スカトロ趣味・食糞趣味の方が行いますが、大変危険なので避けるのが懸命です。その時は大丈夫でも、5年ぐらい経ってから突然の死に至るという話もきいたことがあります。

●お仕置き おしおき。M奴隷を調教する際に主の言うことを聞かなかったり、逆らったりしたときに与えられる罰のこと。

●お仕置きプレイ スパンキング、鞭打ち、踏む、蹴る、刺すなど、肉体的苦痛を与えるプレイもあれば、何もしないで放置(構わない、無視する)する精神的苦痛を与えるプレイもある。尚、プレイの後にはご褒美を与えましょう。

【か行】

●家畜プレイ  かちくぷれい。動物(犬、豚など)に見立てて散歩や言葉責めなどでプレイします。人間>愛奴>ペット>奴隷>家具>家畜 の順で、最も卑しい存在とされます。

●カッティング スカリフィケーションを参照。

●カテーテル 尿道に挿入する細い管で、尿を強制的に出すための医療器具の一種です。女性用より男性用のほうが細いのが普通です。尿道は傷つきやすく雑菌による炎症等を起こしやすいので、使用には十分な注意と知識が必要です。

●顔面騎乗 がんめんきじょう。主として女主人が行うプレイで、相手の顔を塞ぐようにお尻を乗せること。「顔騎」は省略形です。局部による圧迫感、閉塞感が味わえます。局部を鼻と口に密着させた場合には、窒息しないように時々腰を持ち上げないと危険です。

●キシロカイン チューブに入って薬局で普通に売られている表面麻酔薬です。アナルプレイの前に肛門部に塗っておくという使い方が一般的なようです。尚、プレイ後には、「ボラギノールA軟膏」を塗って、炎症を抑えるのが良いでしょう。

●亀甲縛り きっこうしばり。体を亀の甲羅の模様のように縛る方法。

●ギャグ 本来は猿轡(さるぐつわ)とか「黙らせるもの」という意味です。また、歯科医で用いる開口器をさします。穴があいていればボールギャグ、横に長い棒であれば、棒ギャグと呼ばれます。

●キャットスーツ ゴムやエナメルでできていて、全身を覆ってしまうコスチューム。

●強制オナニー  きょうせいおなにー。詳細は、第107話を参照して下さい。

●クリップ責め いわゆる洗濯バサミ等を使ったプレイです。市販のものをそのまま使ったらメチャクチャ痛いです。スプリングを潰したり、バネを甘くしてから使うのが、Mに対する思いやりというものでしょう。

●クロロマイセチン 通称「クロマイ」は抗生物質が含まれている外用剤で、外傷の治療薬として有名です。

●言葉責め  ことばぜめ。恥ずかしいこと言葉や、恥ずかしい状態を言葉にして羞恥心・屈辱感を刺激します。

●ご褒美 Mを調教するときに必要な「飴と鞭」の飴に相当するものです。苦痛や苦手なプレイを耐えたあとに、主から行われるサービス。頭を撫でたり、抱擁してあげるのが一般的ですが、「ご褒美」と称して、鞭打ちプレイをする場合もあります。


【さ行】

●猿轡 さるぐつわ。口の自由を奪うための道具です。専用の道具以外にも、下着やパンスト、手拭などを使って、口に噛ませて喋ることを出来なくさせるものです。

●CFNM CFNMは、英語の「クローズド・フィーメイル・ネイキッド・メイル (Clothed Female(s), Naked Male(s))」の略で、人数に関わらず着衣した女性と脱衣した男性との関係性における性的倒錯 (paraphilia) を意味する用語です。このような設定で表現される性的な雑誌、AV、官能小説をあらわすジャンルとして用いられることが一般的です。

●視姦  しかん。見ることによって辱める行為。

●自虐プレイ じぎゃくぷれい。SMにおいて性的快感を得るために、自分で自らの肉体を傷つけることです。例えば、一人で自慰をする際に、乳首に洗濯バサミを挟んだり、身体に蝋燭を垂らしたり、自分で浣腸したりして、自分に負荷をかけて快感を得ることを言います。

●羞恥責め  しゅうちぜめ。恥ずかしいポーズをとらせたり、恥ずかしい言葉を言わせるなど、羞恥心を刺激するプレイの総称です。

●乗馬鞭  じょうばむち。先端に革のヘラ状の物が付いた、乗馬用の棒状の鞭です。

●女装っ子 じょそっこ。女装した若い男性のことを指します。女性のコスチュームが好きで、着衣SEX フェチマニアと呼んでも良いのですが、大人の女装趣味よりは、若い男の子が女装して女性に可愛がられたり、大人の男性から娘のように可愛がられるパターンが多く見られます。また、ほとんどの女装っ子がMの役割を好む傾向があります。

●シリンダー浣腸器 注射器型のガラス製の浣腸器のことです。100mlタイプで、温湯を使えば相当の量を注入できますし迫力もありますが、ガラス製なので割れやすいのが欠点です。ご使用の際には十分にご注意下さい。

●スイッチ(switch) SもMも、どちらの側になっても感じることができ、それぞれを楽しみたいと思う人のことです。「両刀使い」とも言います。一般に、Sの相手とMの相手は異なり、片方の側に徹してプレイをします。

●スイッチが入る MがM状態に遷移するときの、きっかけとなることです。

●スカリフィケーション(Scarification) 自由意志による嗜好から、医療用メスや器具などを用い、皮膚に傷を作る行為で、わかりやすく言えば、リストカットやアームカットに近い形で体に模様をつけることです。簡単に「カッティング」とも言い、傷つけた皮膚が盛り上がって模様が浮き出る、ケロイド反応を利用したボディーアートのことです。元々、西アフリカの部族の間でアイディンティティを強調するために行われてきました。cicatrizationと言われることもあります。また、良き母である証に、腹部にスカリフィケーションを行う部族もいます。

●ストーリープレイ  生徒と教師、スパイと検察官、万引き男と女警備員、といったような状況設定において進めていくプレイです。

●スパンキング  広義では鞭も含めますが、一般的には、手の平やパドルと呼ばれるウチワ状の器具等で尻や股などを叩くプレイを指します。

●スパンキングラケット  スパンキング用のラケットで、楕円や細長い長方形の物があり、皮や木製の物が一般的です。

●聖水拝受 せいすいはいじゅ。SMプレイにおいて、女主人の尿を飲んだり浴びたりする光栄に預かれることを言います。

●セイフティワード プレイの最中にMの身体に異変が生じた時に、例えば、原因不明の強烈な腹痛に襲われた時など、Sに察してもらうための合図となる言葉です。これはプレイの前に予め話し合っておく重要な要件です。

●全頭マスク ぜんとうますく。レザー、ラバー、ビニール製の頭と顔面を覆い隠すマスクのことです。フルフェイスや目穴だけ開いたもの、口穴だけ開いたもの、目と口穴が開いたもの、目と口穴が取り外し可能なクローズドマスク、目穴メッシュ式のアグリーマスクなどがあります。

【た行】

●吊り 緊縛の技術の一つで、縄や鎖等を使って相手の体を吊り下げることです。両手吊り、横吊り、逆さ吊りなどパターンは様々で、きれいに決まれば美しい反面、吊り上げても縄が締まらない縛り方等、相当の技量を必要とします。落として怪我をさせたり、血行障害による後遺症という事故も実際に多いので、初心者は避けた方が無難でしょう。

●貞操帯 M男用の物は、シリコン、プラスチック、革、金属製などあり、一般的には、排尿は可能ですが、SEXや自慰ができないように、短く曲げたままの状態を維持させるものです。刺激に反応して膨張すると酷い苦痛を味わうことになります。T字帯などで股間に固定し、鍵を掛けたままにされる拘束具で、完全に性器の自由を奪う、残酷な道具です。


●剃毛  ていもう。陰部の毛を剃り上げる羞恥プレイの一つですが、調教前に済ませておくのが、準備としてのマナーであるという考え方もあります。

●電マ  でんま。ハンディータイプの電動マッサージ器の略称です。局部や性感帯に当て、振動により快感を得るものとして使用されます。

●ディシプリン(discipline) 苦痛により、「訓練、躾、折檻する」という意味です。ちなみに、「B&D」は、「bondage & discipline」の略です。

●ドルマイシン軟膏 抗生物質を含む抗菌剤で、膿み、引っかき傷、剃毛後の痒み抑えなどに効きます。

●奴隷誓(契)約書 どれいせい(けい)やくしょ。主と奴隷の間に交わされる契約書。一般に、主が作成し、奴隷がサインすると、奴隷は主に絶対服従することになりますが、これを交わすことで、強い精神的な絆が結ばれることにもなります。もちろん、法的な拘束力はありませんので、知的遊戯の世界と考えた方が良いでしょう。

【な行】

●舐め犬 S女の性器を舌で愛撫して奉仕することを専門に行うM男の蔑称です。

●縄酔い なわよい。体に食い込んだ縄やロープの感触に気持ちが良くなり、陶酔してしまう事です。

●ノーズプレイ 鼻フックなどで鼻を釣り上げたりする羞恥・屈辱プレイです。

【は行】

●ハードSM SEXの前戯のような「ソフトSM」という言葉が出来てしまったために、その対語として生まれた言葉だと言われています。本来は、SMにハードもソフトもありません。あるのは、そこに愛情と信頼、そして快感が存在するのかどうかだけです。ただ、便宜上としてよく使われます。苦痛重視の拷問型SMと考えれば良いと思います。

●ハイヒール責め ハイヒールのつま先や踵を使ってM男性を責めること。想像するだけでも痛そうですが、責められる側にもハイヒールの色や形など、いろいろと拘りがあるようです。ただし、そのまま身体の上に乗り、内臓を傷つけて、救急車を呼ぶなどということにならないよう、適度にお願いします。

●鼻フック  はなふっく。鼻の2つの穴に鉤状のフックを入れて、上から引っ張り上げます。豚の鼻のように惨めな顔になって嗜虐者を楽しませる恥辱的なノーズプレイに使います。

●バニラ

●バラ鞭  ばらむち。柄から先が6~9本程度の細い帯状に分かれているタイプの鞭です。革やゴム、合皮が一般的で、大きな音の割に苦痛が少なく、プレイでは、最も多く使用されます。振り方のコツは、狙った部分に対して鞭の先端が真っ直ぐ当たるように振り抜くことです。長さのある物で、誤って手元近くが当たると、先端に加速度が付いて思わぬ場所に当たるため、非常に痛い「巻き鞭」となりますので、ご注意下さい。

●針責め 乳首や尻、陰部などに針を突き立てる、あるいは貫通させるプレイで、使用する針も注射針やマチ針など様々です。衛生面に気をつけて行うことが重要です。刺せば当然血が出ます。毎月流れ出る血を経験している女性に比べ、滅多に血を見ない男性は、血には弱い傾向があります。

●美脚奉仕 びきゃくほうし。女主人がその美脚でM男の局部を弄んだり、脚を舐めさせたりするプレイのことです。

●ビスチェ 女性の乳房の部分に装着する、革やエナメルのコスチュームのことです。

●ヒルドイド 薬局で普通に買える血行促進剤で、縄目や痣などを消すために重宝します。特に夏場で、プレイ後に肌を露出する服を着る際には必需品と言えるかもしれません。

●ピンチ  木製の洗濯バサミのことです。乳首責め等に使います。

●フィスト 膣や肛門を拡張して、手を挿入し、手首まで挿入するプレイのことです。また、両手を揃えてそのまま手首まで挿入するプレイを「W(ダブル)フィスト」と呼びます。

●フェチ  フェティシズムの略で、異性の身体的あるいは装飾的なパーツ(部分)や要素に対して特に性的魅力を感じる傾向・嗜好・趣味・性癖といった意味で用いられる語です。脚、尻、靴、声、臭い、ゴム、レザー等様々で十人十色のフェチがいます。

●ふたなり 「ふたなり」は半陰陽の形態として、男女両方の性器を持った存在を表すものですが、「ふたなり」と「在原業平」を合わせた「ふたなりひら」という言葉もあり、半陰陽の意味のほかに女性のように美しい男性のことを指す場合もあります。広義では、シーメール、ニューハーフも同類であり、男性であって女性であり、女性であって男性であることを意味します。尚、TSFとは、異性への性転換を扱うフィクションのジャンルにおける略称で、transgender fictionまたはtranssexual fiction、transsexual fantasyと呼称され、その頭文字からTSもしくはTSFと略称されています。

●ペニスバンド  通称ペニバン。ディルド(男性器を模した物)にバンドを付け腰に固定できるようにした性具です。

●奉仕プレイ  ほうしぷれい。ご主人様の命令に従い、舌での愛撫やマッサージ等、尽くす行為を指します。

●放置プレイ  ほうちぷれい。拘束したまま、あるいは何もせずに相手を無視し、何もしないプレイ。 無視されるということは、人間の帰属意識を虐められることで精神的ダメージが大きく、一つの責めとして成り立つと考えられます。

●ボールギャグ  ピンポン玉大のボールを口に入れるタイプの口枷です。喋ろうとしても言葉にならず呻きになりますが、特に穴の開いたボールは涎が垂れ流しになる惨めさを与えるのが目的とされています。

■ボディペインティング  当倶楽部では、女の子の体に口紅で卑猥な言葉を書けます。

■ボンデージ(bondage)  元々は「拘束」の意味ですが、革製、エナメル製、ビニール製などでできた女王様向けの衣装等を指します。尚、「ボンテージ」は誤記です。


【ま行】

●目隠し 革製の専用アイマスクなどもありますが、市販されている物は意外と緩みやすく隙間から覗けてしまうことがよくあります。黒い布できっちり締めてあげるのが慈悲というものです。尚、プレイの道具を持ち合わせていない時に、代用品として、スカーフで目隠しを施し、ネクタイやバンドで後ろ手に締め上げて、プレイをするという方法もあります。

●綿ロープ  めんろーぷ。麻縄に比べて柔らかいのが特徴的です。 痕が残りにくく、肌に優しいという面もありますが、伸び縮みする物は緊縛度が少なく、吊りに使用するのは、避けた方が良いでしょう。


【や行】

■野外プレイ  やがいぷれい。屋外の公園や飲食店内、電車内などでプレイすることですが、一歩間違えば公然猥褻罪で逮捕されます。全裸緊縛の上にコート一枚を羽織らせての散歩等なら問題ないと思いますが、露出させるのは犯罪ですので、ご注意下さい。

【ら行】

●凌辱プレイ  りょうじょくぷれい。簡単に言えばレイプごっこです。

●蝋燭  ろうそく。仏壇用の蝋燭等は融点が高いので、火傷になる恐れがありますので避けて下さい。現在では、融点の低いプレイ用の「低温ローソク」が市販されていますので、それを使って身体に垂らします。絶対に目には垂らさないこと。目以外であれば、どこでも大丈夫です。ローソクを使う前に身体にローションを塗っておくと、後の処理が楽になります。


以上ですが、他にも何かあれば、捕捉していく予定です。

[PR]
by M-kikuo | 2015-06-16 20:40 | 責めと調教 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://kikuom.exblog.jp/tb/23280352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふうこ at 2015-06-20 02:53 x
ふうこです。とても勉強になりました!ソフトSMとハードSMに境界線がしっかりひかれてるんですねー…。

最初は、拘束されたM男性を見るのが好きレベルでしたが…なんだかハードものも面白そう?的な…自分の破壊願望のエスカレートぶりに困惑することがあります。
SM系乙女CDサンプルのM男性役の悲鳴(ハードプレイでの)を聞くと、かわいいんですわ、これが。

SMイラスト・絵も…調べると、企画(コマーシャル)画廊で売る様にするには…やはり女性の絵(つまり女王様絵)にした方が売れるっぽい…的な現実に…どうしていこうか…と思ってます。
M男絵開拓の困難さを感じたんですね。
まぁ私、企画画廊に所属出来るレベルには達してないですけどね…。
ですから…なんとなくですが、S女とM男の絡み有で絵の構図を模索していく感じになるのかな…と。

SMも、和風・西洋で違いますので…絵としてのモチーフとして面白さ感じてます。
まだまだ先ですが…SMバーでのレンタルスペース等で展示していくイメージはしています(存在アピールとして)。
そのために絵モデルなってくれる本物のM男さんが欲しいんですよね。
基本、絵モデル業する方は舞踏家だったりしますから(普段から鍛えているし、モデルは副業として)
…ダンサーでマゾ男性っていう特殊な方を探さないといけないですから…大変です…。どうやって探すねん…(汗)。

そういえば不真面目ですが、ヌードデッサンで男性モデルの時に、描き手が女性だらけだとすごいSM羞恥プレイなりますよね。
そこで下半身反応させないように裏で命令しているデッサン・クロッキー会とか想像するの楽しいんです(笑)。
実際は、モデルしてる時…そんな余裕無いですけどね。

絵関係者が、モデルネタでSM笑いするの本当に不謹慎・失礼ですが…やっぱりS女ですから憧れるんです。
Commented by M-kikuo at 2015-06-20 06:02
参考になれば幸いですが、…
今までのfemdomイラストは女王様主体で描かれていましたが、
それは、主にM男のためのイラストだったからです。
上記と異なるコンセプトで、
美しいM男の悲痛な表情を中心に、たとえば、女王様は表情や目から上の部分をレイアウト外にして登場させれば、
S女が見て喜ぶイラストになると思いますが、いかがでしょうか?
(絵を観ているS女自身がM男を虐めているように思わせるために)
また、調教室や調教器具を含めた、ある程度イメージで描けるように練習していただければ、モデルなしでも描けるのではないかと思いますが、いかがでしょうか?
Commented by ふうこ at 2015-06-20 22:47 x
ふうこです。絵の構図アドバイスありがとうございます!
いきなりS女向けのM男絵をバリバリ描くのは…どうなんだろう?と不安があって臆病なってますね…。
「恥、捨てて描けるのか…私?」的な…。
ですから、『S女&M男絡み絵』や『M男向けのS女絵』と共に…ポートフォリオ描き貯めていこうと思います!

本当にアドバイス・応援ありがとうございます!!
Commented by M-kikuo at 2015-06-21 05:06
女性で本格的な「M男絵」を描ける方は少ないですからね。
ぜひ頑張って欲しいと思います。

「M男絵」を描かせたら、この人しかいない、
或いは、「M男絵」を載せるなら、この人のところへ行けば良い、
という風に、
いかに個性を売るかというのが勝負ですよ。
あれもこれもできるというのは、
「浅く広く」で、
インパクトがないと思うのですが…。

偉そうなことを言い過ぎました。
申し訳ありません。
右から左へ聞き流していただければ、幸いです。

尚、少々お腹が出ていてもよければ、
私がモデルになるのですが…。